単身引越しの相場をグラフで確認しよう!

MENU

長距離の単身引越しも相場より安い混載便がおすすめ

単身引越しの中でも料金的に高い相場は新居が長距離の場合です。単身赴任であったり、大学生の入学や卒業によって、今お住まいの地域から遠く離れた場所へ引っ越しをされるケースでは、距離が遠くなるほどに引越し料金の相場も高くなります。

 

単身引越しに力を入れているプロスタッフではそんな長距離の場合でも相場より安い料金でサービスが提供できるように様々な努力をしています。

 

その一つが混載便です。遠方への長距離引越しでコストが掛かるのが、人件費、燃料費、高速料金です。比較的便数が多い大阪から東京でも約500kmの距離があり、休憩などを挟むと6時間以上、都内で渋滞があればそれ以上の時間が掛かります。

 

この工程を1台のトラックで1件のお客様の荷物を運ぶチャーター便だと引越し料金はかなり高くなります。混載便では同一地域への引越し荷物を積み合わせ、コストを複数のお客様で分散させます。

 

長距離に掛かる輸送コストを安くできるなら、その分だけ単身引越しに掛かる費用も安くできるというわけです。

 

また、引越し先からトラックが帰社する際に空荷で走らせるのも業者にとっては大きな負担です。プロスタッフでは関西に大阪、京都、関東に神奈川、千葉の拠点を持っており、特に両区間の混載便、帰り便を積極的に集めることで長距離の単身引越しを安い相場料金で請負っています。

 

それ以外の地域でも各地の地域密着の引越し業者と提携し、全国レベルで混載便や帰り便を集めています。

 

⇒プロスタッフの単身引越しの相場の確認はこちらから

 

Twitter Facebook はてブ LINE