単身引越しの相場をグラフで確認しよう!

MENU

ダンボールを自分で集めて格安単身引越し

単身引越しにおいてもダンボール無料の業者は多いですが、実はダンボールって高い物なんです。 ホームセンターで購入を検討された方ならご存知の方も多いでしょう。

 

ダンボール無料サービスを謳っていても「ダンボールを自分で用意する」のを条件に値引き交渉に応じる単身の引越し業者も多いはずなので、格安を目指すならご自身でダンボールを集められることを一度検討してください。

 

ただし引越しに不向きなダンボールもあるので少しでも作業を円滑にトラブル無く進めるために、 以下の点に注意してダンボールを集めてください。

 

できるだけ大きさを揃える

トラックの荷台は背が高いため積み重ねがしづらいとスペースを無駄にします。ダンボールのサイズが不揃いだと最悪お荷物が載らないというケースもあるので、大きさはできるだけ揃えてください。

 

また不揃いのダンボールは作業時間の遅延も招く場合があります。せっかく自分で集めても作業時間の遅延を理由に追加料金を請求されては本末転倒です。

 

材質が硬めのダンボールを選ぶ

ダンボールの硬さにはランクがあり、あまりに柔らかいダンボールだと積み上げた際に潰れてしまいます。

 

一般的にはスナック菓子やトイレットペーパーの梱包用のダンボールは柔らかく引越しには不向きです。反対に硬めのダンボールは果物や野菜、電化製品のダンボールです。破損を防ぐため、大切な荷物の破損を防ぐためにもできるだけ硬めのダンボールを選びましょう。

 

家族引越しの場合は荷物量が多く上記の条件を満たしてダンボールを集めるのが困難です。

 

引越業者もそういった認識をしているケースがほとんどですので家族引越しの場合はダンボールのサービスを受け入れるのが無難です。