単身パックタイプ別特長

MENU

単身パックタイプ別特長

特に単身引越しは荷物量の少ないために通常の家族引越しでは使わないようなトラックや料金体系を採用している業者が多いようです。

 

それらを大別すると以下の3つのパターンに分類されます。それぞれのパターンでは1台で積めるかどうかが料金決定のさいの重要なポイントとなります。

 

●カゴ台車を使った大手引越し業者の単身パック
業者によって微妙に差はありますが、その他の2タイプと比較すると運搬量は少なめです。ただし大手という条件を考慮すれば1パック当りの料金は非常にリーズナブルに設定されています。これらのサビスは大手という安心感も大きなアピールポイントです。

 

ただし契約するパック数が増えるにつれ料金も加速度的に高くなり、複数パックで契約する場合は他のタイプと比較しても割高な印象を受けます。

 

●軽トラを使った単身引越し
軽トラを使用する業者ならカゴ台車よりは確実にたくさんの荷物量を積むことができ、かなり安い料金で営業している業者が多いです。ただし作業員は1人の場合が多くて荷物の内容によっては手伝いを前提としていることもあります。

 

このタイプでは赤帽が有名ですが実際に作業をするのは個人事業主が多く、引越専門では無かったりするので、作業慣れしているかどうかで作業品質が大きく変わります。

 

●2t車トラックを使った引越し業者
家族引越しでも利用する一番小さなトラックは2tショート車です。しかし平均的な単身の荷物量では2tショート車が満載になることは少ないので、その荷物の実情に合った料金設定をしている会社が多いです。それらの会社は訪問見積もりにより料金決定します。

 

一般的には軽トラック以上のお荷物があれば見積もり料金も他のタイプと比較して安いケースが多いようです。