不要品をかしこく処分

MENU

不用品をかしこく処分

単身引越しの料金を格安でしたい人にまず最初にやって欲しいこと。それが不用品の処分です。

 

当たり前の話ですが、運ぶ量が減れば単身引越しの料金は安くなります。しかし忙しさからか整理ができず不要品を荷物として運び新居で処分するなんてお話をよく聞きます。無駄な出費を減らすため引越しすることが決まったらお荷物の整理を始めましょう。

 

市区町村で処分できるものは早めに処分する

ごみ処分の為に費用を負担しなければいけない市区町村が増えていますが、それでも引越し業者に不要品処理を依頼するよりかは割安です。燃えるゴミは収集日が決まっているので早めに処分しましょう。

 

不要品買取サービスを活用する

引越し業者によってはリサイクルショップなどと提携してあなたの不用品を買い取りしてくれるサービスがあります。うまくいけば処分費用を払うどころかお金が返ってくる可能性もあるのです。

 

買取してもらうためには比較的商品が新しいことが前提ですが検討の価値はあります。ただし買取にも人気商品と不人気商品があります。特に処分したい不用品が人気商品だった場合は高額査定の可能性がアップします。

 

人気商品

冷蔵庫、洗濯機、チェスト(整理タンス)、ガスコンロ、エアコン、オーディオラック、シーリングライト
※家電は国産メーカー・高年式に限ります。

不人気商品

ベッド、パソコンラック、スチールラック、プラスチック製品

 

リサイクルショップの買取サービスを活用する

商品によっては引越し業者では値がつかなくてもリサイクルショップなら買取してもらえる場合もあります。

 

CD、マンガ、ゲームソフト、ゲーム機、パソコン、ブランド品といった商品は専門の買取業者を探したほうが高額での買取の可能性が高くなります。

 

不要品無料引取サービスを活用する

引越し業者によっては日程や特定の条件下なら無料で不要品を引き取ってくれる場合があります。それらのサービスを利用すれば費用を掛けずに不要品の処分ができるので、不要品がある方は業者のホームページをチェックしてみましょう。

 

また複数引越し業者の相見積もりで不用品処分を使って交渉すれば無料引き取りを提案する会社が出てくる可能性も高くなります。

 

家電リサイクル品目「エアコン」「テレビ(ブラウン管方式)」「電気冷蔵庫 ・冷凍庫」「電気洗濯機」についてはリサイクル料金が掛かるため処分が割高になります。
また平成21年4月1日より「テレビ(液晶・プラズマ方式)」「衣類乾燥機」も新たにリサイクル品目に加わりました。