MENU

単身引越しの相場がグラフでわかる!

単身引越しを格安でするために

単身引越しの相場ってどれくらいなの?荷物量が少ない一人暮らしの引越しと言っても事前にどれくらい費用が掛かるか知りたいって人も多いでしょう。

 

このサイトでは引越のプロスタッフの実際のデータを使って条件ごとの単身引越しの相場料金を表示します。ただし、引越し業者が出す見積もり料金は細かな条件の違いだけで大きく変動する場合があります。だからこそ、条件ごとの料金を表示するだけでなくグラフ形式でおおよその相場感が分かるようにしています。

 

少しでも安い料金で契約する為にも、まずあなたの条件の相場がどれくらいか調べてみましょう。

単身引越しの見積もりをお電話で

電話でお見積もり

いかがですか?なんとか予算内の引越し費用で収まりそうでしょうか。思っていたより高い引越し料金の相場が出たとしてもあきらめる必要はありません。

 

引っ越しではちょっとした条件一つで大きな値引きが獲得できる場合があるのです。例えばそれは引越し予定日を一日変えるだけってことかもしれません。

 

他社の見積もりで思った以上に高い引越し料金を提示された方は、ぜひ引越のプロスタッフにお問い合わせください。プロスタッフでは単身の荷物が少ない引っ越しなら電話で見積もりを受けることができます。

 

できるだけ多くの引越し業者の見積もり料金を聞いてみたい方に便利な電話見積もりをぜひ活用してください。

 

相場より安い単身引越しパック

プロスタッフでは一般的な引越し相場より安い基本料金15,000円という設定で単身パックを提供しています。安いのに荷物はたくさん運べて、プロによる作業品質でお客様の手伝いも必要としません。

 

引越し料金の安さだけでなく、作業品質にもこだわりたい人にとってもおすすめできるサービスです。

  • 格安料金でたくさん運べます
  • 引越し業者によるプロの作業品質
  • 単身なら電話見積もりですぐに料金がわかる

 

格安料金でたくさん運べます

基本料金15.000円(税込)で運搬できる荷物量は、大物4点+小物・ダンボール20点程度です。大手引越し業者よりも多く運ぶことができ、引越し費用を節約したい方にはぴったりです。特に自転車や原付バイク、ベッドなど積み重ねしにくい荷物がある場合はおすすめです。

 

大手の単身パックで使うカゴ台車や軽トラなどよりも大きなスペースを持つトラックで余裕を持って運べます。

 

また基本料金以上の荷物があっても、追加分は1点単位で計算し別便となることもありません。カゴ台車や軽トラを2台契約しなければいけない場合と比較するとより安い料金で引っ越しすることができます。

 

単身パックの荷物例

例) 冷蔵庫・洗濯機・ローボード・布団一組・こたつ・テレビ・電子レンジ・ダンボール10箱程度・衣装ケース3個

※荷物追加以外にも追加料金の対象があります。詳細は公式サイトをご覧ください。

 

引越し業者によるプロの作業品質

プロ品質の引越し作業

引越し業者によっては、普段は配送を行い忙しい時期だけ引っ越しを行う会社も珍しくありません。そういった引っ越しに不慣れな業者では、大切な荷物を傷つけられかねないし、段取りの悪さから作業時間も遅延しがちです。

 

プロスタッフは単身だけでなく家族引越しも行い重いタンスや冷蔵庫を普段から取り扱っています。小さな単身用荷物なら、より安全に運ぶことができるのです。

 

料金の安さだけでなく、作業品質も重視して引越し業者を決めたいあなたにはおすすめできる会社です。また家電や電化製品などの梱包は作業員の手により対応します。他社の中には梱包作業がオプション料金の会社もあるのでご注意ください。

 

単身なら電話見積もりですぐに料金がわかる

多くの引越し業者は営業マンが実際にお宅に伺う訪問見積もりによって料金を決定します。しかし、訪問見積もりにはそれなりの時間が掛かりますし、料金の比較をしたい人でも呼べる業者の数は自ずと限られてきます。

 

できるだけ多くの引越し業者から見積もりを聞きたい人にとってプロスタッフの電話見積もりは便利です。独自のポイントシステムで荷物量を把握するので、よほどのことが無い限り積み残しはありません。お電話で申告漏れが無い限り荷物量オーバーによる追加料金もありません。

 

また若い女性や気の弱い人にとって、目の前にいる押しの強い営業マンを断るのはとても大変です。営業マンの中には即決を迫り、契約するまで帰らないような人もいます。

 

引っ越しの訪問見積もりにはそんなリスクがあるということも知っておいてください。

 

※単身でも荷物量が多い場合や特殊な条件の引っ越しでは訪問見積もりをお願いすることがあります。

 

相場より安いプロスタッフの単身引越しパックはコチラから

料金相場より安い引越しの方法とは

引越し予定日を変更する

単身引越しの料金相場に最も大きな影響を与えるのが引越し予定日です。大手のパック料金を設定しているような会社でも3月4月のピークシーズンや土日に料金アップします。暇な日を選んだ場合、自ら値引きをして契約を迫ってくる業者もたくさんいるでしょう。

 

相場より安い引越し料金で契約するのに一番効果が高いのが引越し予定日を変更する方法です。

 

暇な日とは一般的に、3月4月以外、月初や中旬、平日、六曜で大安や友引以外の日です。これらの条件が重なれば重なるほど安い可能性が高くなります。ただし、引越し予定日にある程度融通が利く人であれば、素直に業者と安い日はいつか?と相談するのもかしこい方法です。

 

荷物を減らす

荷物を減らせば安くあるのは当然ですが、意外にできていない人も多いようです。特にもう使うことはない燃えるゴミなどは現在お住まいの住居で捨てておきたいものです。契約するトラックが一つ小さな物になれば、その効果は計り知れないです。

 

また他府県への長距離引越しの場合は、移動距離に比例して料金もアップするので、大きな荷物は新居で買い替えた方が安くなる場合があります。荷物がトラック内でも嵩張る自転車やベッドなどが安価な物であれば、買い替えを検討する価値は大きいです。

 

複数の引越し業者を比較する

引越し業者が提示する料金は水物で、ちょっとした条件の違いで相場より安かったり高かったりということがあります。特に1社しか見積もりを取らないと吹っかけられることがあり損をする可能性が高いです。

 

複数の引越し業者を比較して、料金だけでなくサービスの違いをしっかり検討したうえで契約する一社を決めましょう。

 

ダンボールを自分で集める

ダンボールが無料の会社は多いですが、実際にはそれらを含めた料金設定をしてるのにすぎません。無料を謳っている会社でも要らないと言えば値下げしてくれるところもあるでしょう。

 

ただし、自分でダンボールを集める場合は中身が壊れれない積み重ねに耐えうる頑丈な物を選びましょう。スーパーやホームセンターでもらえるものなら電化製品や野菜、果物用がおすすめです。大きいからと言ってトイレットペーパーやお菓子用は積み重ねに耐えられない可能性が高いです。